Marsyの徒然日記

GALAXY S SC-02Bの内蔵スピーカーをDIYで修理

読了までの目安時間:約 2分

 

sc-02b

家族がFOMAシムで使っているGALAXY S SC-02Bで、スピーカーから音が鳴らなくなってしまったので、DIYで修理しました。

 

ヤフオクでジャンク品が1,000円で売っていたので、スピーカーが鳴ることを確認の上、部品取り用に購入。

 

なお、新品のスピーカーユニットも2千円弱でネット販売されているようです。

 

2つのSC-02Bを分解してスピーカーユニットを交換して無事、修理完了しました。

 

 

SC02Bをさらに分解

スピーカー交換だけな基盤の分解まで必要ないのですが、最初、間違えて基盤も取り外したので、備忘録としてsc02bの基盤の分解方法を掲載しておきます。

 

 

スマホなど DIY    コメント:0

Gmailの残り保存容量が残りわずかになったので空き容量を増やしてみた

読了までの目安時間:約 3分

 

Gmail-teasebr200

 

先日、Gmailの受信画面上部に「保存容量が残りわずかです。空き容量を確保するか、追加容量を購入してください。」というメッセージが出ているのに気づきました。

 

空き容量が無くなってGmailが受信できなくなってしまうと一大事なので、残り容量を増やしてみました。

 

残り容量を増やすには、

 

① 保存容量を購入

② 不要なメール等を削除

 

の2通りの方法があります。

 

使用状況を確認したところ、Google photoで保存していた写真が15GBの使用可能容量中、12GBも占めていたので、写真データを圧縮することにしました。

 

写真データを圧縮すると画質は多少落ちますが、通常、スマホで撮影した写真であれば、気にするほどでは無いようです。

 

その結果、残り容量が12GBに大幅アップしました。

 

これでしばらくは残り容量を心配することなくGmailを使えそうです!

 

--Gmailの受信画面での容量逼迫の警告メッセージ
検索結果 - masashiu7777@gmail.com - Gmail - Mozilla Firefox 20160506 152129

 

--保存容量の使用状況を確認

https://drive.google.com/drive/u/0/my-drive で保存容量の使用状況を確認します。

マイドライブ - Google ドライブ - Mozilla Firefox 20160506 153658b

 

--Googleフォトの写真を圧縮

https://photos.google.com/settings から『容量を解放』をクリックして、で保存されている写真を「高画質」に変更します。

また、新規保存方法も「高画質」に変更しました。

これで写真データは、保存可能容量とは関係なく無制限に保存可能となります。

設定 - Google フォト - Mozilla Firefox 20160506 153948

 

 

設定 - Google フォト - Mozilla Firefox 20160506 153955

 

--Googleフォトの写真を圧縮

確認画面で『圧縮』をクリックして進んでいきます。

設定 - Google フォト - Mozilla Firefox 20160506 154014

 

設定 - Google フォト - Mozilla Firefox 20160506 154029

 

--残り容量アップ完了

写真データを圧縮(容量を解放)することにより、それまで写真データで使っていた12GBがそのまま空き容量に追加されました。

保存していた写真も多かったので、圧縮完了するまで1時間以上かかりました。

空き容量が12GBもあればあと何年もメールの容量は心配せずに済みそうです!

 

2016-05-06_185348

 

PC    コメント:0

小さな悪魔「バラゾウムシ」が今年も我が家の小さな庭にやってきた

読了までの目安時間:約 4分

 

xpb2o65y

大事に育てたバラの蕾たちをあっという間に萎れさせてしまう、小さな悪魔「バラゾウムシ」が、今年も我が家の小さな庭にやってきました。

 

バラの新芽が伸び出し、ようやく蕾が付き始めたタイミングを見計らったように活動し出します。

 

昨日、鉢のピエール・ド・ロンサールの新芽がしおれていました。

 

これは明らかにバラゾウムシの仕業です。

周囲を注意深く探すと・・・・いました!!

 

IMG_20160416_164447

今年の初バラゾウムシ

 

このバラゾウムシ、危険を察知すると機敏に丸まって下に落ちて行方不明になってしまうので、手を下に添えて注意深く捕獲します。

手の上では死んだふり。

 

IMG_20160416_111007

手の上で死んだふりするバラゾウムシ

 

気の毒ですが昇天していただきます。多分、アリさんの御馳走になることでしょう。

 

一つ一つ見つけて駆除するのにも限界があるので、「バラの虫ホイホイ」を蕾の根本などに塗っておきました。

 

農薬を撒けば駆除できるのかもしれませんが、近所迷惑にもなりそうなので、農薬の撒布は控えています。

バラの虫ホイホイは無農薬でバラゾウムシの被害を防げるので、お気に入りの品です。

 

アース製薬 アースガーデン バラの虫ホイホイ 幹に塗るタイプ

 

IMG_20160417_164416

無農薬の力強い味方「バラの虫ホイホイ」

 

バラの虫ホイホイを塗っておいた翌日、バラゾウムシパトロールをすると、さっそく、バラゾウムシが引っかかっていました。

 

 

DSC_0001

バラの虫ホイホイに引っかかったバラゾウムシ

 

ちなみにバラゾウムシは自分でたくさん飛べないので、風に乗ってやってくるそうです。

 

実際、ピエール・ド・ロンサールの葉っぱにバラゾウムシが飛んできてくっつくのを目撃したことがあります。

 

このため、バラの虫ホイホイを塗るときは、株の根本だけではなく、出来るだけ蕾に近い場所に塗っておいた方が良いようです。

 

また、6月半ばを過ぎると土の中で蛹化しようとするので「オルトランDX粒剤」を撒いておくと良いようです。

 

産卵された新芽やツボミからは、幼虫が生まれるので、地面に落ちたものを含めて、こまめに取り除いておくことが重要です。

 

住友化学園芸 オルトランDX粒剤 300g

 

61C8EwaJx4L._SL1002_

 

バラ    コメント:0

充電不能になったGALAXY NOTEを自分で分解修理、かかった費用はたったの1,640円

読了までの目安時間:約 8分

 

IMG_20160305_150258

同居人が使っているGalaxy Note (SC05D)が充電不能になりました。

USB充電ケーブルをつないでも全く充電が開始されません。

 

DOCOMOショップに持って行ったら、製造後3年経過しているので保証がきかず、修理には25,000円くらいかかると言われました。

 

マイクロUSBのコネクタ部分を直すだけなのに25,000円も取られるなんて納得いかないので、ネットで調べたら、パーツが売っていて、自分で直せるらしい事がわかりました。

 

結果的に1,640円で自分で修理できたので、メモしておきます。

 

 Galxy note充電修理パーツを調達

充電できなくなったSC05Dは、はマイクロUSBの受け口がちょっと傾いている感じです。

 

多分、コネクタにつながる配線が内部で断線しているのでしょう。

 

そのようなケースは結構あるらしく、ネットで修理用の部品が売っています。

 

私は、アマゾンで購入しました。

 

何と送料込で690円! ノーブランド品なのがちょっと不安でしたが口コミ評価が良いので信頼して購入しました。

 

  • 必要なもの1:micro USB端子修理パーツ

 

【ノーブランド品】Galaxy Note ギャラクシー SC-05D 充電 micro USB端子 修理用 パーツ(SC-05D)
2016-04-10_212056

 

あと、Galaxy noteを分解するのに特殊なドライバーが必要です。

これも同じくアマゾンで調達。送料込で950円。

 

  • 必要なもの2:スマホ分解用星形ドライバー

 

ルートアール iPhone用ビット付き 38in1 精密ドライバーセット 延長シャフト RT-6088AM

 

 

2016-04-10_220342

 

 

 Galxy note充電不良を分解修理

 

SC05Dの充電不良を修理するのに必要な材料がそろったので、修理していきます。

 

1.購入したGalaxy note充電

1.購入したGalaxy note マイクロUSB端子修理用部品

 

2.修理前の部品、道具一式

2.修理前の部品、道具一式

 

3.分解用のドライバー先端拡大

3.分解用のドライバー先端拡大

 

4.Galaxy note裏蓋を外してネジを外してゆく

4.Galaxy noteの分解開始。本体裏面のネジを外してゆく

 

5.ネジが外れたらケースを分離させる

5.ネジが外れたらケースを分離させる

 

6.本体裏面を外す

6.本体裏面を外す

 

7.本体裏面を外したところ

7.本体裏面を外したところ

 

8.内部のネジも外す

8.内部のネジも外す

 

9.下側にある部品を外す(接着剤でついているが、はがして大丈夫)

9.下側にある部品を外す(接着剤で固定されているので、そのまま剥がして外す)

 

xlu5btmub

10.最下部の基盤が今回、交換する部分

 

11.2か所のコネクタを外す

11.2か所のコネクタを外す

 

12.充電用の基盤を外す

12.充電用の基盤を外す

 

13.Galaxy note 充電用の基盤を外したところ

13.Galaxy note 充電用の基盤を外したところ

 

14.古い基盤(上)と新しい基盤(下)

14.古い基盤(上)と新しい基盤(下)

 

15.新しい基盤を取り付ける

15.新しい基盤を取り付ける

 

16.2つのコネクタをはめて新しい基盤の取りつけ完了

16.2つのコネクタをはめて新しい基盤の取りつけ完了

 

17.下部の外した部品も取り付け

17.下部の外した部品も取り付け

 

18.部品取り付け完了

18.部品取り付け完了

 

19.裏蓋などもすべて元通りに戻してとりあえず完成

19.裏蓋などもすべて元通りに戻してとりあえず完成

 

20.無事にまた充電できるようになりました!

20.無事にまた充電できるようになりました!

 

 

 

 

 

スマホなど DIY    コメント:0

FOMA/3G→マイクロUSB充電端子が故障したので自分で修理してみた

読了までの目安時間:約 7分

 

IMG_20160307_004028

携帯料金節約のため、ガラケー(FOMA)とスマホの2台持ちにしているのですが、
FOMAを充電するために使っていた、マイクロUSB充電ケーブル用変換コネクタが故障してしまいました。

 

ケーブル付け根部分を動かすと一瞬動作するので、内部で接触不良となっているようです。

 

数百円程度なので新しいのを買ってもいいのですが、購入して半年もたたずに故障した原因が気になるのと、修理好きな性分から、分解してみることにしました。

 

FOMA microUSB 充電用変換コネクタ

 

これが今回故障したFOMA充電用変換コネクタです。

IMG_20160306_195844

価格も安かった(送料込359円)ので昨年9月にアマゾンで購入しました。

 

口コミを再確認して見ると、故障の報告が非常に多く低評価です。

 

fjusllsz

 

設計自体に問題があるダメ製品である可能性が濃厚です。

 

FOMA microUSB 充電用変換コネクタを分解

 

故障の原因を調べるため分解します。

 

プラスチック製の本体は爪ではめてある構造なので比較的簡単に分解できました。

 

マイクロUSB側のゴム部品はカッターで切断しました。

 

IMG_20160306_202443

 

内部は2つの部品から構成されています。

 

1つはUSB接続側(写真左側:パソコン側)、もう1つはマイクロUSB端子(写真右側)です。

 

当然ながら、この2つの部品は本来は配線でつながっているものです。

 

 

IMG_20160306_202725
2つの部品の接続部拡大写真です。

 

左側の部品は分かりやすいように上下を裏返して写してあります。

 

5つある端子のうち、使われているのは両側の2つの端子だけでした。

IMG_20160306_202950c

 

ちなみにマイクロUSBの端子は左端(5ピン)がアース、右端(1ピン)が5Vの電源用となっています。

 

Screenshot_20160306-205719.png

接続部基盤側の拡大写真です。

 

マイクロUSB端子の配線が破断した箇所が確認できます。

 

IMG_20160306_204454b

 

故障の原因と考察

 

それでは、このFOMA/3G→マイクロUSB充電端子の故障の原因を整理してみます。

 

写真で分かる通り、本体内部では非常に微細なマイクロUSB端子が2本だけ基盤に接続されています。

 

マイクロUSBの端子はシリコンモールド剤(米粒大の申し訳程度の固定)と、輪状のゴム部品で固定されているだけです。

 

マイクロUSBケーブルの抜き差しや、充電中にマイクロUSB端子側に力が加わることで、基盤の端子接続部に応力が加わり、疲労破断したものと推察されます。

 

こんな簡単な固定では、使っているうちに断線するのは当然です。

 

本来であれば2つの部品の隙間をモールド剤で埋めるとか、強力な接着剤で固定するなどしておくべきです。

 

設計、製造の手抜きとしか思えません。
あるいは頻繁な買い替えを狙ってわざと壊れやすく作ってあるのでしょうか高度な戦略的設計思想があったのでしょうか?

(こんなに簡単に壊れる製品をリピート購入する人もいないと思いますが・・・)

 

FOMA microUSB 充電用変換コネクタを修理

 

故障の原因が単純な断線だったので修理してみます。

 

まず、基盤から分離してしまったマイクロUSB用端子を基盤に接着剤(今回はアクリル系2液混合タイプの接着剤を利用)で固定します。

IMG_20160306_213659

 

半田ごてでマイクロUSBの2つの端子を接続しました。

なお、内側3つの端子は不要であるのと、半田付け作業に邪魔なので切断しました。

 

IMG_20160306_230032

 

 

次に基盤部品をケースに固定します。

接着剤(こちらは靴底補修材を利用)を基盤の周りと、マイクロUSB端子周囲の隙間に塗ります。

IMG_20160307_002230 IMG_20160307_002248

 

端子をケースに収めて接着剤が固まれば完成です。

 

IMG_20160307_003752

IMG_20160307_004144

 

 

ガラケーまた充電できるようになりました!!

興味のある方のご参考になれば幸いです。

 

IMG_20160307_004028

 

その他参考

 

基盤の固定に使った靴底補修材について、私お気に入りのアイテムなので、ちょっとご紹介。

 

IMG_20160307_001846

 

普通の靴底補修材は、数時間かけて固まるものですが、これは常温では固まらず80℃以上の熱が加わると硬化すタイプです。

 

このため、時間をかけてゆっくり作業できる一方、熱を加えればすぐに固まるので、非常に使い勝手が良い補修材です。

 

Sunstar(サンスター) くつ底補修材(単品)
固めるにはお湯に入れるか、ドライヤーで熱を加えてあげればOK。

今回はドライヤーで固めました。

 

靴底補修するときはこの補修材がおすすめです!!

 

IMG_20160307_003452

 

スマホなど DIY    コメント:0

1 2 3 16